芸能情報ブログ

芸能界の情報に特化したブログです。

放送作家・鈴木おさむ氏が引退を発表\u3000テレビ業界の反応は?

スポンサーリンク

鈴木おさむ氏が引退…テレビ業界に大打撃と思いきや「現場からは歓迎の声もあがっている」裏事情(FRIDAY) - Yahoo!ニュース

放送作家として数々の人気番組を手がけてきた鈴木おさむ氏(51)が、来年3月をもって放送作家業・文筆業から引退することを発表しました。鈴木氏は、昨年12月に小説『20160118』でSMAP解散騒動の舞台裏を暴露し、業界に衝撃を与えました。その後、ラジオでSMAP解散が引退の大きなキッカケになったと明かしています。

鈴木氏の引退は、テレビ業界にとってどのような影響を及ぼすのでしょうか? 以下に、主なポイントをまとめてみました。

  • 現場からの歓迎の声:鈴木氏は大御所になりすぎて、なかなか書いてくれなくなったという声が現場から聞こえてきます。最近は、アドバイス業務が中心で、鈴木氏専用の台本を別の放送作家や下請けの制作会社スタッフに作らせることが多かったといいます。二度手間だと不評でした。
  • 若手放送作家の台頭:鈴木氏の引退を機に、若手放送作家たちが続々と頭角を現しています。『チャイルドマシーン』の樅野太紀氏(49)や学生芸人出身の飯塚大悟氏(41)などが、ネタ番組や情報番組など幅広く手がけています。彼らは、鈴木氏とは違って、令和のテレビに合った感覚を持っていると評価されています。
  • 動画配信への流出:一方で、若い放送作家たちは、テレビに思い入れがないという傾向もあります。自由度も報酬も高いYouTubeや動画配信に流れる可能性が高いと言われています。特に、フワちゃんのブレーンである長崎周成氏(32)などは、テレビよりも動画配信に力を入れていると見られています。

以上のように、鈴木氏の引退は、テレビ業界にとって朗報か、それとも暗雲か、というのは一概には言えないでしょう。しかし、テレビのエンターテイメントを支えてきた鈴木氏の功績は、決して忘れられることはないでしょう。鈴木氏の今後の活動にも注目したいと思います。